『裏グラ』一押しグッズ

「ほっとする保湿トイレットペーパー」
この柔らかさは本当に感激しますので
ぜひ一度使ってみて下さい。
当店トイレでも使用しています。

LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

ホームページはこちら
神戸、三宮の美容室
グラスルーツ
完全予約制でお待たせする事のない美容院です。

カラー新技法(ブリーチ編)
最近カラーリングの技法がガラリと変わったと書きました。
一般的なカラーリングはいくらでもテスト出来るのですが
ブリーチとなるとそうそうテストは出来ません。

そこで、恐れ多くも今回はsyuさんにお願いしました。
ちょうどイベント前ですしガツンと金髪にしましょう。

ただ、一つ懸念がありましてsyuさん以前は金髪だったのですが
イメチェンの為に黒染めをされたのです。
しかもビゲンの黒染めです。







まずは黒染め部分を落とす為に脱色力のない脱染剤を塗布して
放置しますが、黒染め部分うんともすんとも言いません。

うんもすんもなしかっ

仕方ないので本ブリーチに移ります。
これも根元は上がるのですが毛先が上がりません。
本来なら脱染剤とブリーチで完了するのですが、
あまり長時間の放置はダメージの原因ですので諦めて
一回流して再び毛先だけブリーチしましたら、やっと
均一な金髪になってくれました。

それだけでは面白くないので、ブルーのカラートリートメントを
薄めて塗布して仕上げました。

ただ、ブリーチ毛は濡れている時にはあまりダメージは分かりません。
乾かしていくとモヘモヘになっていくのですが、新しい技法では
まったくそれがありませんでした。





なぜボクが金髪ブリーチのテストをしたかったかと言えば
一番負担が大きいであろうブリーチで髪が耐えられるなら
それより暗い一般的なカラーだと更に負担は少ないだろう
という事を確かめたかったからです。

かなり貴重なデータが取れました。
そしてビゲンの黒染めが恐ろしい子だということもよく分かりました。

金髪にせい、とは言いませんが新しい技法はかなり有効ですよ。
今まで以上に安心してカラーをして下さい。

| grassroots | 08:18 | comments (x) | trackback (x) | ヤマラボ(新技術情報) |

反応性カラーリング
久しぶりに美容ネタを書きます。

最近カラーリングがまた進化しました。

以前は疎水化させて処理剤の貼り付きを高める方法を取っていました。



それを最近はマイナスとプラスの物をくっつける反応型に変わってきたのです。

極端な例えをするならば、シャンプーとトリートメントを同時に

髪にくっつけるようなものです。



最近発売された処理剤でマイナスの極性、つまりさっきの例ではシャンプーに

相当するアニオン性の物が発売されました。

これが珍しく、表面処理ではなく髪のインナーに入るのです。

それを目の前にして、考えてみました。



何度も色々な物付けるのはめんどくせーな、と。




そして考えました結果、インナーに入るアニオンと表面疎水化アニオンと

もう一つ髪の架橋性を強化する3種類のアニオンを混ぜて作ってみました。

スーパーアニオンズ誕生の瞬間です。



そしてプラスの極性を持ったカチオンと言われるトリートメントに相当するものはずばり

カラーリングの薬液そのものです。



スーパーアニオンズのうち2種類はカチオンとくっついて活性化しますので

この組合せは実は最強なはずなのです。

この時点ではまだまだ机上の空論ですので、実際は実験しなくちゃなりません。



実験台実験台・・・

こういう時はまず身内と相場が決まっておりますので、奥さんが実験台です。

しかも黙ってやります。

先入観を持たせないためであって、失敗した時にしれっと誤魔化すためではありません。

まぁ過去には何度かそういう事もありましたが、それは結果論であり人生知らない方が

幸せな事もあるので黙っておきました。


カラーリングの薬剤にも若干の混ぜ物をして塗布します。

この時、毛先の既染部にも薬液を付けなければならないのですが、この負担も

出来るだけ軽減してみようと、カラーリングに絶対必要なオキシドールの濃度、

通常は根本が6%、毛先が3%なのですが毛先を2%まで落としました。

脱色はされずにギリギリ発色する限界だと思います。

そして塗布、シャンプー、簡単に乾かした状態がこれ





もちろんフラッシュとか焚かずに撮影です。

ツヤ感は出て当たり前。

写真では分かりませんが、髪が軽くなる感覚なのです。

それは乾かしているこちらも分かりますし、乾かされている人も分かります。

うちの奥さんは今髪を伸ばしているので、今回は一切カットをしていないのですが

それでも髪が軽くなったと言いました。

さすがに魔法ではありませんので、クセまで真っ直ぐにするとかそういうのは出来ませんが

何か違うぞ、というのは実感出来るはずだと思っております。

髪が1本1本きちんと独立しているサラサラ感が出るというのが近い表現です。


アニオンとカチオンの反応でポリイオンコンプレックスが出来ての結果です。

そして出来るだけこの状態を長持ちさせるにはシャンプーとトリートメントが重要です。

ヘマチンシャンプーで余計な物をきちんとリセットしつつcenoトリートメントで手触りを

良くしていくのがいいかと思います。

cenoトリートメントは多少髪に残っていてもベタつかず乾いてくれますので

ちょっとヌメっとした状態で洗い流すのが最適ですよ

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
| grassroots | 09:20 | comments (x) | trackback (x) | ヤマラボ(新技術情報) |

テスト第一弾
火曜日に導入を考えている機械を貸して頂けましたので

早速実験をしてみました。




まずはこれがビフォーです。

正直まだパーマが残っているのでどんな事をしても

かかるとは思うのです。

ですのでまずは、この機械の基本的な使い方の一部を取り入れます。



パーマの巻き終わり。






5分だけパーマ液を反応させてから水洗して、一度蒸します。





それが終了するとようやくマシン登場。

こうやってチューブをばしばし繋ぎます。

このまま乾燥。






そしてごにょごにょっと処理してロッドアウト




お流ししてドライヤーで乾かします。







悪くない。

悪くはないけど、びっくりするほどではありません。

心配していたキシミがなかったというのは非常に良い結果です。

処理剤の濃度の問題なのか、機械を使うタイミングなのか。

色々考える余地はありそうです。


と、このようにびっくりするような事にはならないので安心して

モデルさんの応募して下さい。
| grassroots | 09:29 | comments (0) | trackback (x) | ヤマラボ(新技術情報) |

ヤマラボ モデル募集
最初に

今日の内容はすこぶる難しいです。

興味のない方は読まない方がいいですよ。




6月8日(火)から1週間、前に書きました「エアウェーブ」という機械を

貸して頂ける事になりました。


我々美容師も、お客様もパーマに求めているけど実現不可能だと

思っているのが、ホットカーラーやアイロンで巻いたようなカールです。

今まで色々な方法でそれを実現しようと思ってきましたが、決定力不足でした。

デジタルパーマが現時点では一番近いとは思うのですが、やはり色々条件や

制約があります。



ここ最近のパーマの考え方として、髪の中の親水部を柔らかくするだけではなく

疎水部までパーマ液を効かせてパーマをあてよう、という考え方があったのです。

髪の結合をたくさん切って、また繋げようぜという考えです。

一見、理にかなっているのですが、これをやってしまうと髪が柔らかくなりすぎて

パーマ自体が腰砕けになり、実際はキレイなパーマなんてかからないのです。

そもそも、疎水部まで還元(パーマ液を効かせる)しているつもりでも出来ていなかった

というのが正しいのかもしれませんが。

そして、とある処理剤の登場でちょっと状況が変わってきました。

そもそも、ホットカーラーやアイロンのカールってどんなカールでしょうか。

完全に水分の飛んだカールですよね。

シットリとか柔らかとは違い、しっかりだと思います。

ではパーマでそれを表現しようと思ったらどうすればいいのか。

髪から出来るだけ「余分な」水分を追い出して水の影響を受けにくい状態にする。

必要な水分は残します、というかそれはさすがに取れません。

それを実現する処理剤が出来たのですが、扱いが非常に難しいのです。

ヘタに余計なものと混ぜると固まってしまいます。

なので順序と濃度が重要なのですが、研究しているみんながまだ手探りです。

でも上手に使うと、くりっとしたカールが出てくれる事が分かってきました。

そこに熱と乾燥を入れると、更に良いのではないかと考えたわけです。

それならデジパの機械でもいいのですが、巻き直さないといけないので

すさまじい時間のロスです。

それをせずに済む機械=エアウェーブなのですね。

正直、まだ一切やっていないのでどうなるか分かりません。

パーマの薬液的に傷むというのは絶対にありません。

あたらないというのも考えにくいのですが、失敗パターンとしては

「今までのパーマと一緒じゃん」

になってしまう事ですね。

これは可能性があります。

それと、疎水に傾けるのと、ある2つの条件で硬化しますので手触りは

少しカシっとなりますが、これも傷んでなっているわけではありません。

それでもいいぜ、という方ぜひモデルになって下さい。



条件

・6月9日(水)~15日(火)の間の平日、実質4名

・所要時間3時間

・カットもさせて頂きます。

・通常の予約もありますので、モデルになっていただけるかの連絡は前日、もしくは2日前。

・応募頂いた方全員にモデルになって頂くわけではありません。

・女性で肩より長い方。

・なるべくお顔は写らないようにしますが写真も撮らせて頂きます。

・スタイルのご希望は基本的にはお任せ頂きます(ヘンテコな頭にはしません)



以上の条件でいいよ、という方

・お名前

・メールアドレス(出来ればPCと携帯両方)

・お電話番号

・ご希望の日時

・現在の髪の長さ

・カラーの有無

・パーマの有無

・縮毛矯正の有無

をお知らせ下さい。

未来のパーマ技術向上のためぜひご協力下さい。

応募はこちらからお願い致します。

もちろん料金は一切頂きません。

当店にご来店頂いている方、頂いていない方どなたでもどうぞ。
| grassroots | 11:35 | comments (4) | trackback (x) | ヤマラボ(新技術情報) |

このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>

2005/11/22紹介
ホント楽しいゲームなのです。
あわわわわわわ

PROFILE


うちのお店が使ってるサーバー
安くて、サポートもしっかりしてます。


手軽にアフィリエイトを始めるなら
A-8ネットが簡単で便利ですよ。


楽天市場