『裏グラ』一押しグッズ

「ほっとする保湿トイレットペーパー」
この柔らかさは本当に感激しますので
ぜひ一度使ってみて下さい。
当店トイレでも使用しています。

LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

ホームページはこちら
神戸、三宮の美容室
グラスルーツ
完全予約制でお待たせする事のない美容院です。

毛染め進化

カラーリングをキレイに続けて行くためには
特に髪の毛の中間から毛先への負担軽減を考えないと
いけないとずっと前から考えていたのですが
どれだけ負担の少ない薬剤や調合方法を考えても、
どれかを減らせばどれかが増えてとなっていました。

そりゃ、色の持続を考えなければカラートリートメント
でいいのですが、数日の寿命ですね。
それじゃいかん。

ではカラーリングのダメージの大きな原因はなんなんだと
言えば、アルカリとオキシドールなんですね。
いくら低アルカリとか言ってもカラーリング中に作用させると
髪の毛が膨らみますので負担にはなります。

オキシドールも少しの混ぜ物でも活性化するので
濃度を低くしてもやはり脱色作用が働いてしまいます。
一見毛先が暗くなっているようでもその下で髪の色は
削ってしまっているのかもしれません。

ですので、一旦今までの考え方は捨ててオキシドールもアルカリも
忘れてみる事にしました。
その上で、色持ちはいいカラー剤はないのか探してみると
見つけちゃいました。
あるんやん。

ジアミンという、いわゆる染毛成分は普通に入っているのですが
アルカリは入っていなくて、混ぜるのも水です。
ウォーターです。

ただ、やはり今までと勝手が違うので調整は難しかったです。
でももう掴みました。
カラートリートメントなんかよりよほど色持ちもいいですし
カラートリートメントくらい負担はないです。

これは結構な進歩です。
この薬、結構前からあったのに何故気付かなかったのか。

ただし、明るくする力はこれっぽっちもありませんので
褪色した色を落ち着かせる用です。
根元を明るくしたい場合は従来通りアルカリもオキシドールも
必要ですが、1回だけ作用させるのと複数回作用させるのでは
負担が全然違いますからね。


| grassroots | 08:53 | comments (x) | trackback (x) | カラーリング(毛染め全般) |

このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>

2005/11/22紹介
ホント楽しいゲームなのです。
あわわわわわわ

PROFILE


うちのお店が使ってるサーバー
安くて、サポートもしっかりしてます。


手軽にアフィリエイトを始めるなら
A-8ネットが簡単で便利ですよ。


楽天市場